塾に入るメリットや選び方~グングン成績を伸ばす方法~

塾か家庭教師か

学校の授業だけでは足りない勉強を補う、または更に伸ばすために塾や家庭教師をつけて勉強を行います。親は子供の学習のために考えなければならない部分があります。それは、塾にするか家庭教師にするか、ということです。それぞれ特徴が異なるので、特徴を理解していると選びやすくなります。札幌には、塾も家庭教師もありますが、選び方を間違わないように注意しましょう。

家庭教師というのは、マンツーマンで指導を行います。現状としては、学習塾の市場が約1兆円ですが、家庭教師は300億円~400億円と小さいです。家庭教師は、マンツーマンで指導をしてくれるので、わからない所を、わかる所まで指導してもらうことができます。また、始めの方針設定が決まれば、後はなんとか進めていくことができます。子供と生徒の間に信頼関係がある場合は、質問もしやすいですし、勉強の時間が楽しくなります。すると自然に勉強が好きになりますし、成績も上がります。また、家庭教師は子供全員に対して同じ授業というわけではなく、子供の学習意欲やペース、目的によって指導方法を変えてくれます。苦手克服、成績アップ、受験対策など様々な活用方法をすることができます。自宅に講師が来てくれるので、通塾時間が必要無いというのもメリットの1つです。ただ、注意しておきたいのが塾よりも料金が高めということです。中には数万円の初期費用を請求する会社もあるので、契約する際は初期費用や年会費、月会費などを確認しておくことが大切です。

札幌の進学塾は、学校の勉強よりも難易度が高い授業を行います。中には、定期テスト対策や学校の授業対策などの、一般的な塾の内容とは違い、応用問題だけを行う塾もあります。進学塾の場合は、難易度が高い場合が多いので、基礎的な部分は事前に自分で学習しておく必要があります。応用問題を多く解き、問題の深い所まで入っていくので、応用力や知識力を身につけることができます。塾のメリットは、ライバルがいることです。友達が一緒に塾にいる場合は、互いに競い合いながら勉強することができるので、負けず嫌いな人にとってはぴったりです。ただ、子供によっては周りに流されてしまったり、授業についていけなかったりするので注意が必要です。